ワイマックスとワイマックス2+の違いは?

ワイマックスとワイマックス2+の違いは?

今やインターネット通信には欠かせないWiMAX、実際に利用している人も多いのではないでしょうか。
WiMAXがあれば、どこにいてもすぐインターネットを利用できます。
また固定回線と比べて利用料金も安いのでとても助かります。
最近はWiMAXの後継でもある、WiMAX2+が主流になりつつあります。この両者はどう違うのでしょうか。

 

■WiMAXとWiMAX2+の違いについて

 

WiMAX、WiMAX2+、どちらもとても魅力的ですが両者の違いが気になります。
どのような違いがあるのでしょうか。まず速度の違いがあります。
WiMAX2+の方が回線速度が早くなっています。
WEBサイトの閲覧やYouTube動画の視聴であればWiMAXの40Mbpsでも十分ですが、大容量データを取り扱う時はWiMAX2+のほうが便利です。

 

また通信エリアも違ってきます。
通常のWiMAXであれば、全国主要都市の99%をカバーしています。
しかしWiMAX2+はまだサービスが始まったばかりですので、利用できる場所は限定されます。
WiMAX2+は今までのWiMAX、またauの4G LTE回線も使用できますので、結果的に通信エリアは広がります。

 

そして速度制限の違いもあります。
WiMAXは速度制限がありませんが、WiMAX2+はギガ放題プランであれば3日間で3GBの制限がつきます。
また利用料金も違ってきます。料金はプロバイーダやプランによって変わってきますが、WiMAX2+の方が少し高めになっています
さらにキャンペーンの内容も違ってます。
最近はWiMAX2+が主流になってきていますので、キャンペーンもより充実してきています。

関連ページ

ワイマックスの速度
最新技術を誇る次世代型ブロードバンドであるワイマックスですが、高速モバイル通信の弱点である大容量のデータ通信の方は問題ないでしょうか?
ワイマックスの評判
モバイルインターネットサービスとは、固定した場所ではなく移動しながらインタネットが出来るサービスのことです。 携帯やスマートフォンなどもモバイルサービスの一種ですが無線なのでどうしても固定回線よりは通信速度が落ちたり不安だったりします。 しかしワイマックスなら、無線のモバイルイサービスなのに固定回線に劣らないスピードでインタネットに接続してくれます。
ワイマックスの端末
ワイマックスを利用してインタネットを楽しむためにはワイマックス対応のデータ端末が必要です。 ただ、ワイマックス用のデータ端末は、自分で購入する必要はあまりないです。
ワイマックスのエリア
ワイマックス搭載パソコン
ワイマックス携帯
UQワイマックス
ビッグローブワイマックス
niftyワイマックス
口座振替の基礎知識
ワイマックスを口座振替で利用
口座振替の手数料と振替日について
ワイマックスのメリット
ワイマックスのデメリット
ワイマックスをレンタルしたい
セキュリティーは大丈夫?
ワイマックスとLTEの違い
ワイマックスの設定方法は難しい?
利用までの流れは?
auスマートバリューについて
引っ越しのときも便利なワイマックス
即日発送してくれるワイマックスはある?
ワイマックスは家族で使える?
ルーターの機種変更はできる?
UQワイマックスのオトクなサービス
デザリングとワイマックス
Broad ワイマックスの「ご満足保証」とは?
Broad ワイマックス