口座振替の手数料と振替日について

手数料と振替日には事前にチェックでトラブルを防ぐ

■口座振替の手数料
ワイマックスを口座振替で利用する際に注意することは、口座振替手数料がかかる場合があるということます。手数料は契約する通信会社によりますが、一例として税抜き200円ほどかかる通信会社があります。契約は概ね2年契約なので、2年で約5000円強が手数料になる計算です。
これが高いか安いと見るのは人それぞれですが、通信会社によっては手数料がかからないところもあるので、それを考慮した上で通信会社を探してみるのもよいでしょう。

 

■振替日について
口座振替の日は、通信会社によって変わります。一例としてUQ WiMAXでは請求月の26日が振替日です。なお、26日が土・日・祝日になる場合は翌営業日になります。
口座振替に切り替わる前のコンビニ・金融機関払いの際は翌月26日が期限になります。

 

■口座振替手数料以外にかかるもの
もし、書面での請求書が必要な場合は別途申し込むことで紙の請求書が手元に届くオプションがあります。こちらは有料で月額100円かかります。
申し込まない限り料金は発生しませんので、必要ないという方は大丈夫でしょう。

 

■まとめ
口座振替の手数料は、月では200円ほどと大した金額ではありません。しかし、契約が2年と長いため、トータルで計算すると無視できないほどの金額になります。また、紙の請求書が必要となるとさらに増えます。
一方で手数料がかからない通信会社もあるので、少しでも節約したい場合は手数料のかからないところと契約するのも賢い手です。
口座振替の日はしっかりと記録し、万が一金額不足で口座振替が出来ないということが起きないようにしっかりと口座を管理することもワイマックスを口座振替で利用するのに大切なことです。

関連ページ

ワイマックスの速度
最新技術を誇る次世代型ブロードバンドであるワイマックスですが、高速モバイル通信の弱点である大容量のデータ通信の方は問題ないでしょうか?
ワイマックスの評判
モバイルインターネットサービスとは、固定した場所ではなく移動しながらインタネットが出来るサービスのことです。 携帯やスマートフォンなどもモバイルサービスの一種ですが無線なのでどうしても固定回線よりは通信速度が落ちたり不安だったりします。 しかしワイマックスなら、無線のモバイルイサービスなのに固定回線に劣らないスピードでインタネットに接続してくれます。
ワイマックスの端末
ワイマックスを利用してインタネットを楽しむためにはワイマックス対応のデータ端末が必要です。 ただ、ワイマックス用のデータ端末は、自分で購入する必要はあまりないです。
ワイマックスのエリア
ワイマックス搭載パソコン
ワイマックス携帯
UQワイマックス
ビッグローブワイマックス
niftyワイマックス
口座振替の基礎知識
ワイマックスを口座振替で利用
ワイマックスのメリット
ワイマックスのデメリット
ワイマックスをレンタルしたい
セキュリティーは大丈夫?
ワイマックスとLTEの違い
ワイマックスの設定方法は難しい?
利用までの流れは?
auスマートバリューについて
ワイマックスとワイマックス2+の違いは?
引っ越しのときも便利なワイマックス
即日発送してくれるワイマックスはある?
ワイマックスは家族で使える?
ルーターの機種変更はできる?
UQワイマックスのオトクなサービス
デザリングとワイマックス
Broad ワイマックスの「ご満足保証」とは?
Broad ワイマックス